英語英文学科

千田 誠二

千田 誠二 (ちだ せいじ)

プロフィール

千田 誠二私の専門は、英語教育学です。特に関心あるのは、①英語教師による学習者向けの話し方の研究、②インタビューや質問紙を使った質的(数字よりもことばの解釈が中心)な学習者理解・授業の分析、そして③英語学習者の自己把握や自律の問題について、です。

①に関しては、学習者が創造的な文を産出するのに効果を与える教師の英語の話し方、②では、質的研究方法によるインタビューや質問紙での学習者の語りをデ-タ分析、③英語学習を通しての自己客観視やアイデンティティの確立をサポートしています。

[ E-mail ]schida[at]otsuma.ac.jp

主な著書・論文

  • Considering the Effects of Reading Quantity in Extensive Reading Activity on Learners’ Reading Processing 和光大学表現学部紀要8号 2008年
  • 「学習者の多読活動の体験に関する質的研究」 中部地区英語教育学会紀要40号 2011年
  • 「大学生の英語学習不安に関する質的研究」-「活動・場面に関する言語データの分析」 中部地区英語教育学会紀要44号 2015年
  • 「学生インタビューを大学リメディアル授業に活かす」~「質的研究」のすすめ~ 雑誌『英語教育』大修館 2015年2月号
  • 「主体的な語りを促す質的な英語学習者理解の試み―大学生のライフストーリー・インタビューを足掛かりとして―」中部地区英語教育学会紀要 45号 2016年
  • 「CLT時代の英語教育学研究に『質的な見方』が求められる背景とはなにか」大妻レビュー(2016年)
  • 「大学生英語学習者は自己表現をどう捉えているか―質的インタビューによる意識面の考察」(2017年)中部地区英語教育学会第46号

担当科目

  • 英文講読「発展」1、2
  • セミナーⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ
  • 卒業論文
  • Extensive Reading (advanced)(basic)
  • 英語科教育法Ⅲ
  • 第二言語習得論(英語教育学)
 ※ 講義内容は次のリンクより、シラバスページにアクセスし、教員名で検索してご確認ください。
シラバスで詳細を見る

ゼミの紹介

教員から

みなさんはもしかしたら、中高時代の英語授業や学習活動で、「日本人」としての自分はもとより、「学習者としての自分」という視点から「アイデンティティ(自分とはどんな存在かという認識)」を意識されたことはあまりないかもしれません。英語学習が単に暗記作業中心である場合は別として、意味内容を重視しながら聞く・読む・書く・話すという創造的な過程である場合、そこで意識される自分自身は、単に「自分は英語好き・嫌い(得意・苦手)」を感じる存在では済まされなくなります。さらに言えば、自分の生まれ育った環境や日頃の生活と大きく関わっている場合が少なくありません。英語学習を通して自分自身を捉え直す、という不思議な旅に出ることがどんなに充実した経験かを学生のみなさんに伝えたい、と思います。

学生から

村上ゼミ写真村上ゼミ写真

  • 私達のゼミでは、「異文化」「自己客観視」を中心のテーマに自分たちがそれぞれ興味、関心を持った事を研究しています。
  • ゼミ内では生徒が主体となり、意見を交換したり、自分自身の興味があるテーマをプレゼンしたりしています。また、各自関心のあるテーマの文献を探したり、研究の過程で必要となる「インタビュー」による言語データを取ったりしていくことで卒業論文にも繋げていきます。
  • 先生は常に生徒の意見に耳を傾けてくれるので、意見が述べやすく、また自分たちが興味を持った事に関しては本当に深く掘り下げ、話を聞いてくださるので自分自身と向き合いながらじっくり取り組む事の出来るゼミだと思います。

過去の卒論タイトル

  • 「英語学習者における不安や緊張の要因」
  • 「英会話のログから分析する自己のアイデンティティ」
  • 「自分を知ることでの自己成長」 ことばのデータ分析を通して
  • 「甘え」からわかる日本人の性質
  • 「自身と英語学習者の動機の解明」
  • 「異文化環境の中で確立するアイデンティティ」