大妻女子大学 草稿・テキスト研究所

研究所の紹介

5)報告集・年報の刊行

※年報を希望される方は、本ページ最下部をご覧ください。

 

新刊 年報 第12号(2019年7月刊行)※残部あり
【目次】
1.2018年度ワークショップ記録(2018年12月7日実施)

(特集は、「翻訳と研究のあいだーー他者と越境」です)

2.所蔵資料紹介
3.草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
4.研究調査報告
5.2018年度 研究所の動向
6.2018年度決算ならびに2019年度予算案
編集後記

 

 

◆既刊雑誌

報告集1 ※残部なし

「草稿とテキスト―日本近代文学を中心に―」
(草稿・テキスト研究所設立記念シンポジウム、平成11年10月28日開催)
【目次】

  1. 刊行にあたって:文学部長 田中英史
  2. はじめに
  3. 生成論とは何か:松澤和宏
  4. 複数のテクストー樋口一葉の草稿研究:戸松泉
  5. 浄書される本文ー「小倉日記」をめぐる一考察:須田喜代次
  6. メディアとしての草稿とテキスト:島村輝
  7. 質疑

報告集2 ※残部なし

「草稿とテキスト 稿本・写本と版本・テキスト
-日本近世文学における諸問題-」
(草稿・テキスト研究所第2回シンポジウム、平成13年11月29日開催)
【目次】

  1. はじめに
  2. 『信長公記』の本文形成とある御伽衆の人間形成:和田恭幸
  3. 八文字屋本版木の修訂と京都の出版規制:倉員正江
  4. 平賀源内の歩くところ「ムダ書」あり:福田安典
  5. 草稿にみる馬琴の創作方法:板坂則子
  6. 質疑応答

報告集3 ※残部あり

「草稿とテキスト テキスト・出版・流通
ー近世から近代へー」
(草稿・テキスト研究所シンポジウム、平成17年11月26日開催)
【目次】

  1. はじめに
  2. 近世後期における書籍流通-信濃国を軸に-:鈴木俊幸
  3. 新聞続き物と個人叢書出版
    -高畠藍泉『柳亭叢書』から饗庭篁村『むら竹』へ:甘露純規
  4. 雑誌掲載論説のゆくえ-『日本大家論集』とその周辺-:浅岡邦雄
  5. 質疑応答

年報 第1号(平成20年3月刊行) ※残部なし

※本号より、名称が『研究所年報』に変わりました。
【目次】

  1. 『草稿・テキスト研究所年報』発刊にあたって:文学部長 柏木由夫
  2. 沿革史(平成11~19年度)
  3. 研究調査(平成11~19年度)
  4. シンポジウム・講演会(平成11~19年度)
  5. 所蔵資料(平成19年度末現在)
  6. 平成19年度決算ならびに平成20年度予算案
  7. 第4回シンポジウム記録
    編集後記

年報 第2・3合併号(平成22年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 平成20・21年度 研究所の動向
  2. 研究調査報告(平成20年度分)
  3. 研究調査報告(平成21年度分)
  4. 新収資料(平成20・21年度分)
  5. 所蔵資料紹介(平成20年度分)
  6. 所蔵資料紹介(平成21年度分)
  7. 平成20年度決算ならびに平成21年度予算案
  8. 平成21年度決算ならびに平成22年度予算案
  9. 第1回研究集会記録(平成22年3月8日実施)
    特集「19世紀における〈知〉の移動と文化変容」について
    編集後記

年報 第4号(平成23年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 平成22年度 研究所の動向
  2. 平成22年度決算ならびに平成23年度予算
  3. 研究調査報告
  4. 新収資料
  5. 所蔵資料紹介
  6. 2010(平成22)年度シンポジウム記録
    (2010(平成22)年12月4日実施)
    特集テーマ
    「接触・模索・節合 ―19世紀における〈知〉の移動と文化変容―」
    編集後記

年報 第5号(平成24年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 第2回研究集会記録(平成23年12月17日実施)
    特集テーマ「19世紀における〈知〉の移動と文化変容」について
    19世紀 日本ミッションにおける日本の研究資料の草稿について
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 平成23年度 研究所の動向
  6. 平成23年度決算ならびに平成24年度予算
    編集後記

年報 第6号(平成25年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 2012年度シンポジウム記録(平成24年12月15日実施)
    「翻訳〈小説〉の19世紀―19世紀における〈知〉の移動と文化変容―」
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 平成24年度 研究所の動向
  6. 平成24年度決算ならびに平成25年度予算
    編集後記

年報 第7号(平成26年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 2013年度研究集会記録(平成25年12月7日実施)
    「移民」とテキスト
    講演テーマ
    「日本文学の場としての戦前ブラジル」(エドワード・マック氏)
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 平成25年度 研究所の動向
  6. 平成25年度決算ならびに平成26年度予算
    編集後記

年報 第8号(平成27年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 2014年度シンポジウム記録(平成26年12月13日実施)
    「移民とテキストーメディア・ジェンダー・身体ー」
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 平成26年度 研究所の動向
  6. 平成26年度決算ならびに平成27年度予算案
    編集後記

年報 第9号(平成28年3月刊行) ※残部あり

【目次】

  1. 2015年度研究集会記録(平成27年12月19日実施)
    「GHQの検閲ーー権力と草稿・テキストの生成」(山本武利氏)
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 平成27年度 研究所の動向
  6. 平成27年度決算ならびに平成28年度予算案
    編集後記

年報 第10号(平成29年3月刊行)※残部あり

【目次】

  1. 2016年度シンポジウム記録(2016年12月17日実施)
    「戦争・アジア・検閲――1940年代の文化と政治――」
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 2016年度 研究所の動向
  6. 2016年度決算ならびに2017年度予算案
    編集後記

年報 第11号(平成30年7月刊行)※残部あり

【目次】

  1. 2017年度研究集会記録(2017年12月16日実施)
    「他者性を帯びた世界へ――翻訳理論からのアプローチ――」(早川敦子氏)
  2. 所蔵資料紹介
  3. 草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
  4. 研究調査報告
  5. 2017年度 研究所の動向
  6. 2017年度決算ならびに2018年度予算案
    編集後記

※『年報』をご希望の方は、草稿・テキスト研究所
mstxt-studies☆ml.otsuma.ac.jpへご連絡下さい。

なお、ここでの連絡は、『年報』希望に限りますので、その他のお問い合わせはご遠慮ください。迷惑メール防止のため、ご連絡の際には、メールアドレスの☆を@に直し、件名には「年報希望」と必ずご記入下さい。ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

1)設置の意義2)沿革史3)i-A研究調査3)i-B調査報告
3)ii実地調査4)講演会・シンポジウム5)報告集の刊行