英語英文学科

学科行事

学科行事

新入生オリエンテーション交歓会

新入生オリエンテーション交歓会新入生オリエンテーションは、充実した大学生活を送るために必要な情報を得る場です。また、新入生が初めて先輩たちと交流して、英語英文学科の学風を肌で感じる機会でもあります。企画と運営にあたったのは、2年から4年生までの計14名の学生です。最初の実行委員会は1月に開かれ、準備がスタートしました。何を伝えるべきか、どうすればその場で友だち作りができるか、選曲はどうするか、などについてアイディアが出されます。内容と分担が決まり、各委員は発表内容をパワーポイントにまとめ始めました。3月には念入りなリハーサルを行い、そして本番の日を迎えました。

120名の新入生で満員となった教室には、熱気が満ちています。その中で、司会を務める2人の4年生が開会を告げました。最初のプログラムは、「卒業生からのメッセージ」。外資系企業のマーケッティング・マネージャー、続いて国際的なホテル・ウーマンとして活躍するOGの方からの新入生に向けた歓迎の言葉が映像で流されます。OGたちの社会での活躍の様子を新入生たちは真剣に聞きます。2番目のプログラムは、「授業紹介」です。これ以降、それぞれを担当する学生が交替でステージに立って説明します。「授業紹介」では、単位履修方法やGPAの紹介も加えられます。高校までの授業とは大きな違いがあります。3番目は「授業外の特色」として、課外の英会話、TOEICの受験、レシテーション・コンテストの紹介です。コンテストの優勝者の実演には、会場がシーンと静まりかえりました。趣向を変えて4番目は、新入生と実行委員との「交流・質問コーナー」です。部活やサークルのこと、アルバイトのことなどたくさんの質問が飛び交います。実行委員たちは笑顔で自分の体験を語ります。5番目は、「留学(長期・短期)と海外ボランティアの体験談」です。興味深いエピソードが披露され、会場には「自分もぜひ参加したい」という表情があふれます。6番目は「資格(教職、図書館司書、博物館司書)」について。7番目は「ゼミと卒論」で、4つの分野の紹介と、卒論への取り組みが説明されます。そして最後に、再び「卒業生からのメッセージ」。英語教育に力を注ぐ高校教師、続いて海外のエアラインでCAとして活躍するOGからのメッセージです。CAの方からの長文の手紙は、会場全体の感動を誘いました。あっという間に2時間が過ぎて、会は幕を下ろしました。実行委員たちは責任を果たしてホッとすると同時に、大きな手応えを感じました。

では、新入生たちはどのように受け止めてくれたのでしょうか。感想をいくつか紹介します。

  • とても感動し、パワーをいただきました。「明日からがんばろう!」と思いました。
  • 先輩のみなさんがとても素敵でした。私も2年後、3年後に今日の先輩方のようになりたいです。
  • 長期留学を体験した先輩の話がとても良かったです。また、卒業生からのメッセージがためになり、気持ちが高まりました。
  • 今日の会でたくさんのことに興味を持ちました。自分の中で苦しい選択をすればするほどやりがいを感じ、悔いのない4年間になると思いました。

新入生たちにとってオリエンテーションは、英語英文学科の学生としての自覚を芽生えさせ、大学生活への決意を抱かせる機会になったようです。

大妻女子大学英文学会レシテーション・コンテスト

レシテーション・コンテスト

英語を話すには、英語の表現をたくさん覚える必要があります。表現を覚えるのに英語の文章を丸ごと暗記するのはとても有効な方法で、英語英文学科1年生を対象に12月に行われるレシテーション・コンテスト(Recitation Contest)は、そのためにはうってつけの機会です。しかも、文章をただ暗記するだけではありません。コンテストでは大勢の聴衆を前に、原文にこめられた考えや思いを伝えるように暗誦するのです。

レシテーション・コンテストの課題文は規定文が5本――J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと賢者の石』(Harry Potter and the Sorcerer’s Stone)、マーティン・ルーサー・キングの『私には夢がある』(I Have a Dream)、ヘレン・ケラーの『私の生涯』(The Story of My Life)、大平光代の自伝『だから、あなたも生きぬいて』(英訳So Can You)、エッドガー・アラン・ポーの『アナベル・リー』(Annabel Lee)――に、自由選択文の計6本で、毎年15人が出場します。暗誦を聞く聴衆は英語英文学科1年生全員です。出場エントリーの締め切り後、出場する学生はそれぞれ自主的に準備を進め、自分のパフォーマンスを完成させていきます。英語での暗誦に大切なのは、正確な発音です。発音を最も効率よく向上させる方法は、マンツーマンで指導を受けて徹底的に発音を直してもらうことです。出場者は早い段階から教員の指導を受け、自分の英語発音に磨きをかけていきます。

発音指導を受けるのは、出場者だけではありません。このコンテストでは司会進行も学生が英語で行うので、司会者にも優れたパフォーマンスが求められます。司会者も出場者と同様に一生懸命に練習します。

こうして迎えたコンテスト当日。参加者はそれぞれハリー・ポッター、キング牧師、ヘレン・ケラー、大平光代になりきって、聴衆を魅了する最高のパフォーマンスを披露します。教員たちの審査にも力が入ります。その審査で、金賞から銅賞が選ばれます。それに加えて、学生投票で最もすばらしいスピーカーを選ぶ「Students’ Favorite賞」もあります。

出場した学生たちは、入賞した人もしなかった人もみな大きな達成感を味わいます。それに加えて、出場しなかった聴衆も、友人の精進の成果を目撃し、心からの感動とともに、英語学習への誓いを新たにします。レシテーション・コンテストは、そういう意義あるイベントです。(文・新谷敬人)