• 日本文学科
  • 英文学科
  • コミュニケーション文化学科

人間は「ことば」を手に入れたことで人間となりました。人間のことを「ホモ・サピエンス」(賢い種族)と呼ぶとともに「ホモ・ロクエンス」(ことばを話す種族)と呼ぶゆえんです。

人間が創り出しながら人間を創り出したという意味で、「ことば」は人間ときわめて密接なものです。このとりわけ人間的なものにかかわるいっさいが、文学部の関心の対象になります。大まかに言って、そもそも「ことば」とはどういうものかから始まって、「ことば」によって映し出される世界とはどういう世界か、また、「ことば」を使いこなして生きるとはどういうことかに到るまで、「ことば」に対する関心の向け方はさまざまでしょう。広大な「ことば」の世界を自覚的に遊泳し散策しながら、「ことば」を介してその向こうにいる人間を知り、社会を知り、時代を知る、そして、ひるがえって自分自身を知る――これが文学部的人間形成のプログラムです。幅広い人文教養をもって時代の進運に柔軟に適応できる有為な人材の養成を目ざしています。

学部長からのメッセージ