コミュニケーション文化学科

私の時間割

私の時間割

宮川琴永宮川琴永

私は英語能力とコミュニケーション能力を身につけたいと思い、コミ文に入りました。1年次では、コロナウイルスの影響で制限がありましたが、前向きに挑戦することの大切さを学びました。2年次ではより英語に重点を置きつつ、表象文化や異文化を始めとした5つのコミュニケーション分野について学んでいます。その中でも特に、幅広く現代社会について学べるメディア・コミュニケーションの分野に関心があります。コミ文で学んでいくうちに新しい知識を得ることができ、情報を多角的に捉える力が身に付いていきました。コミ文ならではの選択肢の多さを生かして、自分の視野を広げていきたいです。

2年次の時間割

北島涼音北島涼音

1年次からゼミがあり、意見を交わし合う機会が多いことがコミ文の特徴です。

ぜミを通して仲間たちとコミュニーケーションを交わす中で、自分には無い考えを得ることができ、それは自身の考えをさらに噛み砕くことにも繋がります。これらを繰り返すことで、自主性が身に着いたり考えが磨かれたりするため、社会に出るための第一歩を踏み出すために、有意義に成長することが出来るところもコミ文の強みの1つだと感じます。

また、自分の極めたい専門分野に絞って学ぶこともできますが、異文化からメディアまで多種多様な講義が展開されているため、幅広く知識を得ることが出来るところは、コミ文生として非常に面白く感じる点です。

私たちと一緒に自身の視野が広がる喜びを味わってみませんか。

3年次の時間割