日本文学科

桜井宏徳

桜井 宏徳 (さくらい ひろのり)

プロフィール

物語・日記・和歌など、平安時代の仮名文学を幅広く研究しています。現在の主な研究対象は歴史物語の『栄花物語』『大鏡』ですが、物語論(物語の構造や語りの機能を分析する文学理論)や、江戸時代の『栄花物語』研究史にも関心があります。
授業では『栄花物語』『大鏡』のほか、『古今和歌集』『紫式部日記』『源氏物語』、紀貫之や和泉式部の和歌など、さまざまな作品やテーマを扱っています。

主な著書・論文

  • 『物語文学としての大鏡』(新典社、2009年)
  • 『王朝歴史物語史の構想と展望』(共編著、新典社、2015年)
  • 『ひらかれる源氏物語』(共編著、勉誠出版、2017年)
  • 『藤原彰子の文化圏と文学世界』(共編著、武蔵野書院、2018年)
  • 『柳井滋の源氏学 平安文学の思想』(編著、武蔵野書院、2019年)
  • 「宇治十帖の中務宮―今上帝の皇子たちの任官をめぐって―」(『中古文学』第93号、2014年5月 第8回中古文学会賞受賞)
  • 「『栄花物語』と頼通文化世界―続編を中心として―」(和田律子・久下裕利編『平安後期 頼通文化世界を考える―成熟の行方』武蔵野書院、2016年)
  • 「藤原彰子とその時代―后と女房―」(助川幸逸郎・立石和弘・土方洋一・松岡智之編『新時代への源氏学 第4巻 制作空間の〈紫式部〉』竹林舎、2017年)

担当科目 (シラバスを参照してください)

  • 全学共通科目
  • 日本文学科中古文学関係科目など
 ※ 講義内容は次のリンクより、シラバスページにアクセスし、教員名で検索してご確認ください。
シラバスで詳細を見る

ゼミの紹介

教員から

平安時代の文学に関心を持つ皆さんとともに学びながら、卒業論文を書くための指導と助言をしています。平安文学に関わるものであればテーマ設定は自由ですので、ゼミ生の卒論のテーマも幅広く、たとえば、『源氏物語』における蹴鞠や碁などの遊戯を扱うもの、『枕草子』の色彩表現を分析するもの、『古今和歌集』と『拾遺和歌集』の〈祝い〉の歌を比較して論じるものなど、実にさまざまです。
ゼミ発表や卒論の執筆に際しては、作品そのものをことばや表現に即して丁寧に深く読み込むことはもちろん、先行研究をきちんと踏まえることを重視しています。と同時に、私自身の関心に即して皆さんを誘導してしまわないように、つまり、皆さん自身のアイデアをできる限り活かすように、と心がけています。皆さんの自由で柔軟な発想から、平安文学の研究史に新たな1ページを刻む論文が生まれることを期待しています。